読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

countdown 8

 

自分の思ったとおりにならなくても、

いらいらしない・・・

顔に出さない・・・

 

またやってないやーん、って笑って受け流せばいいんでしょうか?

まだまだ大人になりきれません。

 

 

あなたが、やっておくって言ったよね?

何回「ごめん、忘れてた」を聞けばいい?

はずかしい・めんどくさい・やり方がわからない その場の感情に流され続けて、それを乗り越えようともしないなら、何も変わらないままなのでは?

 

パートナーの非・協力的さにこの1年何度嫌気がさしたことか・・・

それでも粘り続けている私こそ、ただの学習しない執着心の強い馬鹿な女;_:

相手に対して、不満が募ってくると最終的に自分自身を責めるようになるんです。

そんな相手を選んだ自分が悪い、こうなることを読めなかった自分に先見性がなかっただけ  などなど...

 

 

はあ~、予定通り婚姻届書いてきましたが取り消したいかも(笑)

笑えない笑えない。

 

書いたらまた違った気持ちに気が付くでしょう、なんて昨日書いたけど、まさか幸せに浸る感情ではなくこれまでも幾度となくやってきた負の感情の波に飲み込まれようとは。

 

 

 

 

今の私たちの関係、こんな感じ?

 

2人で並んで歩いていく。少しずつ、私が前に出はじめる。時々振り返り彼のところまで戻って、次にどう進むか話し合って納得し合い同じペースで歩きはじめる。また少し距離が開く。彼がついてきてくれないことにいらいらしはじめる。私は彼のペースを考えずに決めた目標に向かってずんずん進んで行ってしまう。でも1人で辿り着いたって意味がないから、その場で彼が来るのを待つ。やっと来てくれた途端これまでの不満をすべてぶつけ泣きわめいて彼を困らせてしまう。謝られなだめられて、渋々また歩きはじめる。

 

 

なんて子供っぽい!

書いていてびっくりしました。

でもそうかも、私の方が子供なのは自覚してた。

 

夫を掌でうまく転がすきらきらした賢い妻、などとは程遠いですね。

そうなりたいのかどうかよくわからないけど、お互いストレスなく生きていきたいのが一番望んでいるところ。

思い描く理想は、宇多田ヒカルの「日曜の朝」の世界観なんです。

あんな風に穏やかに2人で暮らしたい。

彼のいいところをもっと引き出したい。

もっと自信を持って、どんどん素敵な人になっていってほしい。

そのために、私も彼に見合う素敵な人になりたい、彼にとって一番の支えになりたい。

 

 

 

もうここまできたから、なんとか乗り越えなくちゃ。

ここに書いてもこの気持ちは収まらないし、相手にもこの気持ちを少しでもわかってもらわなくちゃいけないですね。